人事・総務トピックス

人事・総務・労務関連、およびベトナムの情報をお届けいたします。

【No.3】コンサルは、自ら“評価”を徹底して行ってみる

人事制度を作るコンサルティングのポイントは、

ズバリ“評価(制度)”をどのように作るかです。

これが、難しくはないのですが(汗)、

いや、難しいか・・・(笑)

時間がかかります(涙)

賃金は、(誤解を恐れず(笑))極論すれば、

決めてしまえばよいですし、

“現行の賃金”から新賃金制度への移行の問題点は、

対策を“制度”づくりと並行して、

悩んで決めればよいことです(汗)

“リスク”はありますが・・・(汗)

このあたりの事は、何れお話ししたいと思います。

 

“人事考課”や“評価制度”と言いましても、

人事のコンサルでもない限り

“非日常”ですので(笑)、

議論のスタートまでに、

相当 “時間”がかかります。

例えば、前回にお話しいたしました、

「“評価項目”とは、“社員に期待する”“強いメッセージ”である」・・・、

そして

「“雇用契約”である」

これをご理解いただけるまでにも、

相当議論を重ねる時間が必要です。

“よくやってくれる社員”

“昇給させたい社員”

“賞与を他の社員より多く支給したい社員”

“新しい仕事を任せたい社員”

“期待以上の成果を出した社員”

“課長として職責を全うした社員”

“成長した社員”

“契約の更新をしたいパートタイマー”

いかに“評価”するか・・・。

“具体性”が重要です。

会社の中で“通用する具体性”が・・・。

その“具体性”に辿り着くまでに多くの議論が必要です。

“機械の操作ができる”とか

“機械の操作ができる技術(能力)を習得した”

ではなく

“この機械で○○ができる”

“この機械操作の“一人前基準”に達している・・・“一人前基準”とは〇〇”

“具体性”は社員の“納得”を作ります。

雇用契約”の重要なポイントです。

 

コンサルとして仕事をするためには、

“評価”に関しましては、“沢山の事例”を持つことです。

そのためには“先生自ら”沢山の評価をおこなうことです。

タクシーに乗っても

居酒屋で一杯やっても

顧問先の工場での作業を見ても

ご自身の事務所の“職員”を診ても

企業の受付の応対を見ても

厳しく言えば“ご自身の行動”も(笑)

 

“評価”をおこなうことが、少し難しいと思われたら

“評価項目”だけを先ず考えてみましょう

 

タクシードライバー”を評価する評価項目

“居酒屋”を評価する評価項目

“工場作業”の評価項目

“社労士事務所職員”の評価項目

“受付応対”の評価項目

何に着眼するか?

先生なりにお考えください。

 

【ご案内】

4月を目途に、統一テーマを

雇用契約としての人事制度」と題して

“人事考課(評価)”“賃金”“企業内研修”“キャリア開発”等の勉強会

を始めたいと考えております。

インターネット等の現代兵器(笑)を使いまして、

“何時でも”“何処でも”そして“何度でも”

受講いただける仕組みにしたいと考えております。

また、年2~4回程度“スクーリング”と称しまして

研修+懇親会(所謂、飲み会)も企画いたします。

ご期待いただければと思います。

 

山口 和夫

(2014.2.13発行)

【No.2】“人事考課(評価)”に対する私の思いを少し

№2 “人事考課(評価)”に対する私の思いを少し

 

もう少し正しくは、

“人事考課(評価)”を作る時の思い、でしょうか(笑)

 

先ずは、“人事考課(評価)”とは何か?

カッコよく言えば(笑)

①人事処遇(昇給・降給・昇格・降格・昇進・賞与・“任せる”・“担当させる”等々)決定のための情報の収集

②不足・未達・期待と現実のギャップ・習熟のチェック

 

つまり、

“期待”を明確にすること、

雇用契約”の内容を明確にすること、

言い方を変えれば“やってほしいこと”を明確にすること

使用者、会社の社員に対する

雇用契約”としての

“強いメッセージ”を

社員一人ひとりに対して作ることです。

そして、その目的は、社員を“評価する方向”へ

動かすことです。

結果、目標を達成するためです。

 

社長の、上司の“使える道具”として、

制度(仕組み)を作ることが必要です。

具体的には、

① 経営戦略・経営計画・予算の“浸透ツール”

 ② “評価”する方向へ社員を動かす“行動喚起ツール”

 ③ “やるべき事”を明確にし、組織と社員に刺激を与える“動機付けツール”

 ④ 自己目標管理によって“集中と緊張”を作りだす“緊張ツール”

 ⑤ “2R(リテンション&リリース)”の“決断ツール”

        ※ R(リテンション):保持/R(リリース):契約解除 

  ⑥ 処遇(特に賃金の昇給・降給)決定の“判定ツール”

 ⑦ 会社(社長)の思いを伝える“入魂ツール”

を作ることです。

キーワードは“具体性”

なぜなら、“雇用契約”ですから(笑)

 

【ご案内】

4月を目途に、統一テーマを

雇用契約としての人事制度」と題して

“人事考課(評価)”“賃金”“企業内研修”“キャリア開発”等の勉強会

を始めたいと考えております。

インターネット等の現代兵器(笑)を使いまして、

“何時でも”“何処でも”そして“何度でも”

受講いただける仕組みにしたいと考えております。

また、年2~4回程度“スクーリング”と称しまして

研修+懇親会(所謂、飲み会)も企画いたします。

ご期待いただければと思います。

詳細は決定次第ご案内させていただきます。

 

山口和夫

(2014.2.6発行)

【No.1】人事制度を“ビジネス”にするためには

先ず、先生にご質問。

“人事コンサルタント”とは?

“人事制度”とは?

 

私の答えは、

“人事コンサルタント”とは?

経営の目的に適った“人事制度”を作る人

“人事制度”とは?

人事処遇に関わる“雇用条件の体系”

先生のお応えは如何に?

 

それでは、「人事制度を“ビジネス”にするためには」

まず第一番に、“人事コンサルタント”の仕事をしたい、

“人事コンサルタント”に成るぞ、との

“強い気持ち=意志”が必要です。

成れたらいいな・・・

仕事ができればいいな・・・

では、“ビジネス”にはなりません。

また、クライアントに“失礼”です。

私の“強い気持ち”の“根っこ”にあるものは何か、

就業規則”と同等の“雇用契約”を作る、です。

 

社労士として“開業”され、

ある程度“食える”ように成ると(笑)

“人事コンサルタント”でもやってみようか、

巷には“ハウ・トゥ”物の本も沢山あるし・・・。

その通りにやれば、出来そうだし・・・

出来ません! 断言できます。

形(コピー)はできても、“制度”を機能させることはできません。

“制度”作りは、勿論大切ですが、

“制度”を作る“基礎”を明確にし、固めないと、

“砂上の楼閣”です。

 

第二番には、当然、仕事をするための“知識”と“経験”。

確かに“コンサルタント”には、“知識”と“経験”、

そしてそこから生まれる“自信”が必要です。

“知識”ד経験≒場数”=“自信”でしょうか(笑)

でも、誰もが“コンサルタント”未経験、

“知識”ゼロからのスタートです。

“知識”と言いましても、

“試験勉強”をするのではないのですから

雑学も含めて、広く・広く・・・“理屈の知識”を学ぶ必要があります。

“知識”は、コツコツと“正しく(笑)”学びましょう(汗)

方法は、追ってお話して参ります。

 

“経験”は、自分で作るものです。

そうです、“自分で作るもの”

自分自身が“経験”だと思うことが

“経験”です。

他人からの評価ではありません。

積極的に“人”、特に“経営者”と関わり

彼らは何を考え、何を求めているのか・・・

同様に担当者は・・・、を知り

ご自身なりに、疑似“コンサル”経験をするのも一つです。

 

【今週のご質問】

“年功的な処遇”は悪いと言われますが、何が悪いのでしょう?

来週の木曜日までに、ご自身の考えをまとめてください。

“悪くないぞ”でも結構。ただし、何故悪くないかもお答えください。

 

【ご案内】

4月を目途に、統一テーマを

雇用契約としての人事制度」と題して

“人事考課(評価)”“賃金”“企業内研修”“キャリア開発”等の勉強会

を始めたいと考えております。

インターネット等の現代兵器(笑)を使いまして、

“何時でも”“何処でも”そして“何度でも”

受講いただける仕組みにしたいと考えております。

また、年2~4回程度“スクーリング”と称しまして

研修+懇親会(所謂、飲み会)も企画いたします。

ご期待いただければと思います。

詳細は決定次第ご案内させていただきます。

 

山口和夫

(2014.1.30発行)

「人事制度を雇用契約の視点で考える」インデックス

記念すべき第1回目(笑)

第1回目は、

これから発信させていただく

“メルマガ”のコンテンツのインデックスを・・・。

 

  1. 人事制度を“ビジネス”にするためには
  2. “人事考課(評価)”に対する私の思いを少し
  3. コンサルは、自ら“評価”を徹底しておこなってみる
  4. 人事コンサルタントが“経営者”だったら何を評価したいか
  5. “評価”は“一般論”でするな
  6. 俺の会社の事は俺が決める
  7. また行きたい“店”とはどんな店
  8. “評価”は会社からの“強烈なメッセージ”
  9. “評価する方向”へ社員を動かす
  10. お客様の“悩み”を知らずしてコンサルはできない
  11. “人事制度”は“演出”が大切
  12. “人事制度”は社員との“コミュニケーションツール”
  13. “人事制度”は“手段”であって“目的”ではない
  14. “事実”は“小説”より、奇なり
  15. 不安・不安・不安・・・初めての“人事制度”
  16. ご指導先に教えられることばかり
  17. 問題は“人事考課(評価)”
  18. 制度導入が終わったらどのような会社になりますか
  19. “誰が”制度改革を望んでいるのか
  20. この制度、社員の何パーセントが受入れるか
  21. 始めは誰も“初心者”“経験なし”
  22. “年功的人事制度”何が悪い
  23. 評価方法は“悩む”な、決めろ
  24. 原点に戻るとワンランクUPしますよ 
  25. “メッセージ”をいかに伝えるのか 
  26. 中間地点通過・・・人事制度が面白くなりましたか

 

頑張って、毎週木曜日、発信いたします。

※本ブログでの更新は月曜に行います。

お付き合いください(笑)

 

【ご案内】

4月を目途に、統一テーマを

雇用契約としての人事制度」と題して

“人事考課(評価)”“賃金”“企業内研修”“キャリア開発”等の勉強会

を始めたいと考えております。

インターネット等の現代兵器(笑)を使いまして、

“何時でも”“何処でも”そして“何度でも”

受講いただける仕組みにしたいと考えております。

また、年2~4回程度“スクーリング”と称しまして

研修+懇親会(所謂、飲み会)も企画いたします。

ご期待いただければと思います。

詳細は決定次第ご案内させていただきます。

 

山口和夫

(2014.1.23発行)

【第52回】その時が参りました

決断いたしました(笑)

3年間続きました先生の“お尻を叩くメルマガ”は、

本日が最終回です(涙)

まだ3年なのかの思いと、

もう3年なのかの思いと(笑)

でも、私といたしましては、

よく続いたものと、我ながら驚いております(汗)

 

先生方の“お尻を叩く”と言いながら、

実は、本音を申し上げますと、

自分自身の“お尻”を叩いておりました。

正に、“天に唾する”メルマガでした。

本当に長い間お付き合いいただきまして、

ありがとうございました。

 

さあ、止めるとなりまして、

私の中の“もう一人の自分”が(笑)

テーマを変えて“メルマガ”続けたら・・・、

と囁いております。

“悪魔の囁き”です(笑)

 

短時間に“書く”習慣

集中して“書く”習慣

“メモ”を沢山残す習慣

“書くこと”の“リズム感”も

この“メルマガ”で学びました・・・

 

そこで、新装開店、

リニューアルした“メルマガ”のテーマは(笑)、

「“雇用契約としての人事制度”を考える」にいたしました。

雇用契約”としての“人事制度”を

様々な視点から見る・・・、

そのような“メルマガ”をお送りしたいと

考えております。

先ずは“52回”来週からスタートです。

“乞う、ご期待”とは申しませんが、

毎週木曜日、お読みいただきたいと思います。

よろしくお願い申し上げます。

 

山口和夫

 (※2014/1/16発行分)

=============================

★次シリーズ「人事制度を雇用契約の視点で考える」も

毎週月曜日に更新してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

【第51回】何が“改善”されるか

我々が企業に関わることにより

企業の何が“改善”されるか?

 

勿論、“依頼主”の要望・期待に応える

という使命はありますが…。

我々は、社労士として

人事・労務分野のコンサルタントとして、

“世のため、人のため”と題目を唱えつつ(汗)

自らの“生活”のため(涙)、“自己実現・満足”のため(笑)・・・

そして“知る者の使命”として、

“知恵を持つ者の使命”として(誇)

企業に関わり

時には“人”に関わり、

“仕事”をしているわけです、が・・・。

“労務顧問”の契約

“事務処理代行”の契約

“人事制度のコンサルティング”の契約

“社員研修”の契約

“オープンセミナー”の契約

“before”“after”ではありませんが

我々が関わることにより、

何を“改善”するための仕事をしているのか、

そして、仕事(行動)の結果

何が“改善”されたのか、

の検証が必要なのではないでしょうか。

 

そして、営業的にもっと必要なことは(笑)

その“改善”や“変化”を

一方の当事者たる“事業主”“担当者”“受講者”に

実感させることが、

必要であり重要です。

 

“法律”の議論だけではダメ

“労働者”の権利を並べるだけではダメ

“コスト”の追求だけではダメ

“リスク”の告知だけではダメ

判例”の解説だけではダメ

“転記屋”だけではダメ

“制度”を作るだけではダメ

就業規則”を作るだけではダメ

 

難しい仕事を選んだものです(笑)

 

山口和夫

(※2014.1.9発行分)

【第50回】“カエル”を食べてしまえ!

“カエル”が二匹いたならば

醜い方から食べてしまえ(笑)

“EAT THAT FROG!”

ブライアン・トレーシー著(ダイヤモンド社)

 

年末のお忙しい中

いったいなんの話?・・・(笑)

“カエル”とは、“重要で厄介な仕事”の事

動もすれば、

“嫌なこと”は後回し

“苦手なこと”は後回し

“難しいこと”は後回し

“今日の仕事”は明日へ

なりがちな自分(私に)に

“喝”を入れてくれる一冊です。

 

行動を作り出すための・・・

“カエル”を真っ先に食べるための

“妙案”“奇案”が

書かれてあるわけではありません、

元々そのようなものないのですから(笑)

あたり前のことを、

あたり前に書かれてあります(笑)

あたりまえか・・・(汗)

 

あなたの足を引っ張っているものは何か?

なかなか目標が達成できないのは何故か?

問題を速やかに解決するには何が必要か?

あなたが“カエル”を食べられないのは何故だろう?

理詰めで責められると

少し辛いですが(笑)

 

Key Wordは“書く”“見る”“読む”

 

 

難問をたくさん抱えておられる方々

一番醜い“カエル”から食べましょう(笑)

 

山口和夫

(※2013/12/26発行分)