読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事・総務トピックス

人事・総務・労務関連、およびベトナムの情報をお届けいたします。

【第1回】“三”の入る諺を三つ

社労士先生のお尻を52回叩く

“三省(サンセイ)”

“三”は“三回”の意味ではなく、

“たびたび”とか“しばしば”の意味で

自分自身の行いを“しばしば”反省する意味。

 

“三昧(サンマイ)”

精神を一つのことに集中すること。

“贅沢三昧”は正しくはなく、

“仕事三昧”の使い方が適正です(笑)。

 

“三余(サンヨ)”

学ぶ(読書)に最も適した三つの時季、

つまり、

“冬(は、年の余り。)”

“夜(は、日の余り。)”

“雨(は、時の余り。)”

のこと、活用いたしましょう。

 

次回から、先生の“お尻”を叩かせていただきます(笑)。

ご期待を…。

 

この10ヶ月で5回目の出張で滞在しています

ベトナムホーチミン市のホテルで

このメルマガを書いています。

気温は、“30℃”以上ですが

とても爽やかです。

 

山口和夫

(※2013.1.17発行分)