読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事・総務トピックス

人事・総務・労務関連、およびベトナムの情報をお届けいたします。

【第2回】“困っている人(企業)の味方”とは

退職前後の社員からの

残業代(未払い賃金)の請求や

パワハラの訴え、

メンタル疾病の訴え

そして、労災申請へ、損害賠償請求へ、

逸失利益の請求へと…。

そのようなことが

我々の仕事の

日常になりつつある観があります

 

私が開業した頃には

ほとんど無かったように思います。

時代が変わったといえば

そうなのでしょうが…(笑)

 

弱者の味方

困っている人(企業)の味方

よきアドバイザーとは、

よきコンサルタントとは、

何なのでしょうか・・・。

 

現実は、

ひどい事業主もおられるし、

ひどい社員もおられます。

 

誰のためアドバイス、

何のためアドバイス、

と考えてしまいます。 

 

行政への対応、

司法への対応を考えながら

依頼(相談)者の利益のため、

なのでしょうか…(苦笑)

 

難しいことは考えずに

“社労士”という資格の

原理原則を考えれば

行政の“手先”として

自ずと答はあるのでしょうが・・・?

 

社労士としての仕事のポリシー

コンサルタントとしての仕事のポリシー

常に考える必要があります。

 

難しいです。

 

山口和夫

(※2013.1.24発行分)