読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事・総務トピックス

人事・総務・労務関連、およびベトナムの情報をお届けいたします。

【第35回】来年の計画

社労士先生のお尻を52回叩く

もう少し先でしょうが(笑)

秋風が吹き始めると

すぐに、年末(汗)

そして、一年の区切りは、いつだってよいのですが

一つの区切りとして、1月1日、平成26年が始まる。

一年の計は・・・とか言いまして(笑)

 

来年の計画、第一番は“売上”でしょうか(笑)

昨年(今年)は○○○万円だったから

今年(来年)は○○○円(○○%UP)

懲りもせずに、右肩上がりが前提の計画(笑)

 

先生の“商品”“提供するサービス”によって

新規クラアント顧問契約件数、助成金、セミナー、研修の本数、給与計算…

と、“捕らぬ狸の皮算用”

 

事務所を移転する、職員を入れる

パソコンを充実させる

旅行にも、ゴルフは月三・・・

お金を“使うこと”ばかりを考えていては・・・(笑)

でもこの時間が、一番楽しい時間かもしれません(笑)

 

予定は未定(笑)

現有のお客様を維持できることを前提に(笑)

これも決して安心できませんが、そして、

新規のご契約獲得計画も、

現実は、一年経って

結果として数字をみないとわかりません(汗)

 

計画と言いましても、売上の予算計画や、新規契約の件数を

読んでみても(笑)詮無いことです(涙)

 

そこでご提案、

来年の計画は、がらりとスタイルを変えて

“結果”で書くのではなく、“行動”で書く。

やりたいと思っておられる事を

全て書き出してみる事も一つの方法です。

その中から、

優先順位、費用対効果、持てる人脈活用、得手不得手、好き嫌い

ご自身の判断、大いに結構(笑)

“やりたいこと”を“行動”で具体化していく。

その“行動”の積み重ねが、必ず求めている“成果”に至ります。

 

山口和夫

(※2013/9/12発行分)