読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事・総務トピックス

人事・総務・労務関連、およびベトナムの情報をお届けいたします。

【第44回】人事制度診断報告書に悪戦苦闘中

いつもの事ですが(苦笑)

 

今、ある企業の人事制度の診断報告書を書いています。

制度診断・状況診断が終われば、

人事制度の構築に仕事は移りますが、

一つの区切りとして満足感(?)があります。

多くの人々と面談(ヒアリング)をおこない、

もの言わぬ“数字”と格闘し

…実は多くを語っているのですが(笑)

賃金分析を行い、

仮説を立てて、

狙いをつけて再調査・・・(汗)

制度づくりの提言を含め

来週の月曜日に、社長と“差し”でご報告をいたします。

 

“制度診断・現状診断”は、

問題点を把握し、

将来を見定めた

目的に適う制度づくりをおこなう

そのために欠かすことのできない“仕事”です。

はじめに制度ありきではなく・・・(笑)

 

ひどいコンサルは

診断結果に関係なく、

導入する制度は同じとか・・・(笑)

もっとすごいのは、“制度診断”をおこなわずに

制度をお作りになる先生がおられるとか、

正に“神業”ですね(笑)

 

ご依頼の企業の事情に関係なしに

“同じ就業規則”のご提案、

と言うか、“就業規則のコピー”の提出に似ています(笑)

 

制度診断の結果

現行制度を“スクラップ”する必要はなく

考課(評価)制度の一部を

社員の意見を取り入れ、

見直すことにより、

息を吹き返す制度もたくさんあります。

 

“診断報告書”を書くたびに

身が引締まる思いです。

 

山口和夫

(※2013/11/14発行分)