人事・総務トピックス

人事・総務・労務関連、およびベトナムの情報をお届けいたします。

【第48回】“人”に会う・逢う・遭う・遇う

私は、今の仕事に30年近く携わっておりますが、

“人”に会うのが、

どちらかと言いますと苦手です(汗)。

それでよく仕事が務まるな、

と言われそうですが、事実です(笑)

 

我々の受注ルートの第一番は、

“知人からの紹介”でしょう。

“知人”と言いましても、

親戚縁者、前職の企業・知合い、

学校の先輩・後輩、顧客、同業者・弁護士・税理士の先生方・・・

私の場合、結構“社労士先生”“弁護士先生”からのご紹介があります。

 

よほど有名な“先生”は別格として、

常に受注ルートである

“知人”の方々の“記憶”に刺激を与え、

“記憶のメンテナンス”を

おこなっておかなければなりません。

“先生”の存在と、

“先生”の提供できる商品・サービスと、

“最近の話題”と・・・。

 

単に“社会保険労務士

“人事コンサル”

“労務コンサル”

という、“記憶”だけではなく、

具体的に“何ができる人”“何をしている人”

そして“使える人”“頼れる人”の情報を

“知人の記憶”の中に送り込む必要があります(笑)

 

年末年始の忘年会・新年会

チャンス・チャンス!

年賀状に、新年のメールでのご挨拶

チャンス・チャンス!

“先生”のホームページの紹介や

ブログやFacebook

担当される“講演”や“セミナー”のご案内、

事務所ニースに“葉書の短信”・・・

 

人に会うのが最も大切な“営業活動”

十分な準備をして

向かいましょう。

 

先生の年末・年始の営業作戦は如何に?

 

山口和夫

(※2013/12/12発行分)