人事・総務トピックス

人事・総務・労務関連、およびベトナムの情報をお届けいたします。

【No.7】また行きたい“店”とはどんな店?

食事後の会話

いいお店だったですね、また行きたいですね。

⇒“何が”そのように言わせるのか?

二度と来ないよこの店には

⇒“何が”お気に召さなかったのでしょうか?

 

久しぶりに友人と一杯飲みに

⇒どの店にしようかな?

今日は家族で食事に

⇒どの店に行こうかな?

そのとき、頭はフル回転(笑)

いろいろな条件を検索し、“評価”しています。

評価項目としては(笑)、

料理の種類、雰囲気、値段、コスパ、味、量、

場所、接客、ブランド、広さ、飲み放題の時間(笑)・・・。

訪れる側の“ニーズ”と

“お店の様々な要素の評価”

この様々な要素の中から“選択”“評価”の結果、

お店が決定、そして当日、

乾杯(笑)ということになります(笑)

 

今日は、少々美味くなくても“安い店”

それなりに“美味しくて”“コスパの高い店”

大切な方への“お・も・て・な・し”だから“このお店”

 

社員は、原則、仕事毎に担当者を替えることが難しいので、

営業担当、総務担当、開発担当・・・等の“仕事群”を担当させます。

社員にとって、担当する“仕事”の中には“得手、不得手”あったり

知識・経験・技術・技能等が、あったりなかったり・・・。

 

レストランを選ぶのなら、評価をして、店を決めけば良いのでしょうが

社員の場合は、そのようにはまいりません。

処遇決定のための評価も重要ですが、

その社員が、仕事をおこなう上において、

必要な事柄の発見にも必要です。

 

さあ今晩は、どのお店に飲みに行きましょうか?

いつもの店へ(笑)

何がよいのでしょうか(笑)

 

【ご案内】

4月を目途に、統一テーマを

雇用契約としての人事制度」と題して

“人事考課(評価)”“賃金”“企業内研修”“キャリア開発”等の勉強会

を始めたいと考えております。

インターネット等の現代兵器(笑)を使いまして、

“何時でも”“何処でも”そして“何度でも”

受講いただける仕組みにしたいと考えております。

また、年2~4回程度“スクーリング”と称しまして

研修+懇親会(所謂、飲み会)も企画いたします。

ご期待いただければと思います。

詳細は決定次第ご案内させていただきます。

 

山口和夫

(2014.3.13発行)