人事・総務トピックス

人事・総務・労務関連、およびベトナムの情報をお届けいたします。

【No.10】お客様の“悩み”を知らずしてコンサルはできない!

“人事”“労務”のコンサルティング・・・

と言いますか、相談業務の対応は

お客様の“悩み”を探り当てる所からが

仕事の始まりです。

お客様の“悩み”です。

お客様の“具体的な問題点”も勿論大切です、

例えば、

⇒是正勧告をもらった

⇒退職者とのトラブル

⇒残業代の未払い

⇒年功的な人事制度を見直したい

ですが、

重要なのは、お客様の“悩み”です。

このお客様の“悩み”、

ここがコンサルティングの“ポイント”です。

特に、中小企業のオーナー社長の

“人事”“労務”に関する“悩み”は

我々の有力な“商品群”・・・“宝の山”です(汗)

 

“問題”には、

依頼者の意向に添うか、添わないか別にして

解決方法や解決策があります。

しかし、

“悩み”には“正解”がない場合もあります(汗)

“決断”“妥協”“選択”“最善策”等へのアドバイス

コンサルタントの“仕事”になります。

 

その悩みを探り当てるための“糸口”が

単純ですが“なぜ、今”です。

つまり、

なぜ今、コンサルティングを受けようと決断されたのか?

“是正勧告”をもらったから

“退職社員”とのもめごとを解決するため

ならば、原因が“具体的”で“直接的”でわかり易いですし、

多くのご相談の基はここにあるのだと思います。

 

例えば、後継ぎがおられない“悩み”があって

人事制度の導入は、

“仕組み”で組織を動かそうと考えられた

解決策の一つであったり。

管理職研修のご依頼は、実は、

管理職の“セレクト”つまり、リストラの前段階だったり。

就業規則”の見直しも、

結局は“担当者”の“力のなさ”が“悩み”であり

就業規則”の見直しは、担当者教育がメイン・テーマであったり。

等々です。

 

“評価制度”に関する経営者の“悩み”はどのようなところにあるのでしょうか?

 

山口和夫

(2014.4.3発行)

 

============================

次号は8/21に更新いたします。