人事・総務トピックス

人事・総務・労務関連、およびベトナムの情報をお届けいたします。

【No.15】不安・不安・不安・・・初めての“人事制度”

初めての仕事は、

とにかく“不安”“不安”“不安”です。

初めての“セミナー講師”

初めての“就業規則

初めての“労災死亡事故”

初めて“一人で”作る

“人事制度”“賃金制度”“人事考課(評価)制度”、

過去に一人で作った“財産”がないわけですから、

とにかく、“誰か”の

あるいは“何か”の“真似”をしないと、

“zero”から作り上げることは不可能です。

 

就業規則”なら、行政からだされている

“モデル就業規則”をベースに、

“改悪”しないように注意しながら(笑)、

それなりのものを作れば、一様仕事にはなります。

就業規則”としての体裁は揃っているでしょうが、

雇用契約”としては・・・、でも(汗)

 

真似ることです、

コンサルタントは、

“正しく”真似ることです。

ただし、丸写し(=コピー)は“ダメ”です。

 

少し数字(金額)を変えるだけで

賃金テーブルも作れます。

“昇給”のルールを作れば、

これが結構難しいのですが(汗)

賃金制度も作れます。

また、人事考課(評価)制度も作れます。

人事考課(評価)制度の“考課(評価)項目”が

指導した、どの企業でも皆同じ

という、凄い先生もおられるとか(笑)、

“生兵法は大怪我のもと基”

決して、真似をされないように。

正に、“神業”ですから。

“不安”を乗り越えるためには、

“真似”をすることです。

もう一度言います、“正しく真似る”ことです。

ただし、“人事制度”=“雇用契約”です。

雇用契約”を作るという観点で“仕事”をおこなえば、

失敗もするでしょうが、

“真似”たことが“種”に成って

将来、大きな花を咲かせるでしょう。

正しく真似て、大きく育てましょう。

 

山口和夫

(2014.5.8発行)