人事・総務トピックス

人事・総務・労務関連、およびベトナムの情報をお届けいたします。

【No.21】始めは誰も“初心者”“経験なし”

生れながらにして

“人事コンサルタント”と言われる人は

一人もおられないと思います(笑)

そのような職業に向いておられる人は、

幼少の頃から、“理屈っぽく”“分析的”に

物事を見る習性をお持ちかもしれませんが(笑)

コンサルタントのキャリルートは、

1.コンサル会社で修業する

2.我流で“流派”を起こす

3.1.に似ておりますが、“誰かの真似”をする

でしょうか。

 

どちらにいたしましても、

大先生の鞄持ちを長年経験されて、

独立開業される以外は、

初めての“コンサルティング”を

誰もが経験されるはずです。 

 

“初心者”“経験なし”“初めて”

等の壁をいかに超えていくか・・・。

“人事制度”の原点に戻り、

ご自身で“雇用契約を作る”という自信が必要です。

“制度のための制度づくり”に汲々としていては、

いつまでたっても

“初心者”の域を脱することはできません。

 

ご依頼のあった企業で

“人事制度”に

どのような“仕事”をさせるかを考え、

つまり、“雇用契約としての制度”づくり、

“組織を維持・運営・管理するための制度”づくり

をおこなわなければなりません。

 

約25年前、

営業マンの評価制度を作った時の資料が

手元にございますが、

なかなか素朴に頑張っている、

と評価できる面と、

“見栄え”はいたしますが

とても現実的には、使えない“仕組み”・・・。

懐かしくもあり、反省材料でもございます。

 

山口和夫

(2014.6.19発行)