人事・総務トピックス

人事・総務・労務関連、およびベトナムの情報をお届けいたします。

【No.43】“人事制度”作り“理想”と“現実”のギャップ

中小企業の“人事制度”づくりは、

制度のパーツを組み合わせて作ります。

当り前ですね(笑)

大企業でも同じですか・・・(笑)

“職務・職責等の違いを明確にする階層制度”

“組織の運営に関わる役職制度”

“人事制度のかなめ人事考課制度”

“賃金体系を含めた賃金制度”

“重い荷物の退職金制度”

“社員を戦力化する指導・育成制度”

“制度を雇用契約にする就業規則・諸規程”

それぞれの制度を完成させ

かつ、相互に強く関連させ機能させる。

しかも、依頼主のご希望を入れ、

法違反を極力避け(笑)

社員の方にも理解をいただき、

8割以上の方々に満足頂く・・・(汗)

コンサルタントの仕事は、

とても重いです。

 

次のようなこともお考えください。

上のような“大命題”を無視して、

ご依頼のあった企業に

先生が“自由に”制度構築ができるとしたら

どのような“制度”を作り上げられるでしょうか。

 

建築家に、家を建てるロケーションを自由に選ばせ、

まあ、土地の広さぐらいは限定いたしましょうか

“200坪”と。

建築費用として1億円用意いたします。

逆に、路地を入った日当たりの悪い“20坪”の土地と、

建設費用、全てで1,000万円。

ご依頼主にご満足頂く・・・、

プロの真価が問われます。

 

 

“制度構築”のご依頼のあった

その企業にとって、

その企業に勤める社員にとって、

“よい人事制度”とはなんでしょうか?

それぞれのコンサルタント

確りと信念を以て

答えを持つべきです。

また、持たなければ、仕事はできないと思います。

 

山口和夫

(2014.11.20発行)